注意すること

眠れない時にはどんな点に注意すればいいのか

あなたは、疲れているのに何故か眠れないという体験をしたことはありませんか。眠ろうとするのに、却って目が冴えてしまうようなこともあります。では、眠れないときには、どのようなことに注意すればいいのでしょうか。 眠りたいのに眠れない状態の時には、体が興奮状態になっているのかもしれません。何か、くよくよと悩んでいることがあったら、それがストレスになって眠れないこともあります。そんな時には、リラックスして悩むのをやめることです。 ストレスや悩みが原因の不眠なら、ちょっとリラックスした気分でゆったりとした感覚でいると眠ることができます。また、眠れない時には毎日が充実していないことも多いものです。ですから、昼間はなるべく眠ったりせずに動くようにして充実した一日を過ごせるように心がけましょう。

無理に眠ろうとせずにゆったりした気持ちでいよう

眠れない時には、無理に眠ろうとせずに、一度寝床から起き上がるのがおすすめです。ただし、明るい照明のついた部屋にいると、余計に眠れなくなることがありますから照明はなるべく落とした状態にしておいてください。 そして、カフェインなどの入っていない温かいお茶をリラックスして飲みます。その後、もし眠気が襲ってきたらまた寝床に戻るようにしましょう。しかし、それでもなかなか眠れないということもあります。そんな時には、また寝床から起き上がって、リラックスして過ごすようにしてください。 何度かそれを繰り返していると眠れることもあります。しかし、眠れなかったとしても大げさに考えず、眠れる時に眠ればいいという楽観的な気持ちでいることが大切です。

TOP
Copyright © 2015 不健康な生活はドロドロです【行き止まり解除血液サラサラ術】 All Rights Reserved.
Designed by: www.alltemplateneeds.com / Images from: www.wallpaperswide.com